十五夜の月が歌詞にあるわらべうたで(うたとリコーダーの会・乳幼児クラス)

まだ十五夜には早いけれど、月に関するキャラクターの違うわらべうた2曲を、遊んでみた。 1つは「じゅうごやのおつきさんな」。 元々は、人当て遊び。 これを、フェルトで作った月を手にもったひとりを真ん中にして皆が手を繋ぎ歌に合わせて歩きます。 月を静かに愛でるように。 「あずきさっさ」からは、お月様を持っている人がみんなの前を通りながら円の内側を歩きます。 歌が終わった所…

続きを読む

1年生から6年生まで合同で(うたとリコーダーの会・小学生合同クラス)

小学2年生のメンバーのみお母さんのお仕事の都合でお休みで、今回みなが揃いました。 1年生2人、4年生1人、6年生1人。 始めはまりつきうたを拍感の体感のために作った「てんやのおもち」のお手玉回し。 まりつきは一拍子なので、2拍まとまりでない部分がある。 そこはもう一度自分の手の中でお手玉を突く。 遊びの要素も加えてだんだん早くして・・・ その後はこの歌を2声にしたミニ…

続きを読む

リズムの名前・2声の導入(うたとリコーダーの会・グレード1)

7月。 2人とも今日が2回目。 それぞれ都合で別な日で行っていたので2人一緒なのは今日が初めて。 20分間 ・リコーダーのメロディーはなんのうた? ・メロディーの始めの部分を歌と同じようにたたいてみよう ・長さが短い所があるメロディーもあるね ・長いのは大きい丸、短い所は小さい丸で書くとこうなるよ(前回既習) ・丸では分かり難いから記号で  ・その記号には呼び方があるよ…

続きを読む

雨の歌で拍感 雨のわらべうたで(うたとリコーダーの会・乳幼児クラス)

6月。 しぐさ遊びでは、今月もハンカチを使って遊びました。 始めは、まずハンカチを平に床に広げ片手で真ん中をつまんで持ち上げ、反対の手はハンカチの下の方を握るとボーズができます。 そのボーズを「ボーズ ボーズ・・・」(元は子どもを撫でてあげる時に唱えるーもしかしたら節が付いていたかもしれないがーもの。自我が出てきていうことを聞かなくなった頃に、少しはやすように唱えるもの。「にくいときゃ…

続きを読む

布を使ってしぐさ遊び(うたとリコーダーの会・乳幼児クラス)

4,5月は、ハンカチを使ってのしぐさ遊びで遊びました。 ハンカチを、洋服の端から中に入れてちょっとだけ出し、「カクカクカクレンボ」(伝承はかくれんぼの鬼決め歌)の唱えの拍に合わせて少しずつ引っ張り出していきます。 「スッペラポーン」でハンカチを引き抜きます。 手の中にハンカチを丸めて「にぎりぱっちり」(伝承は足ジャンケン)と手を上下に動かしながら歌い、最後に「ピヨピヨ」…

続きを読む

ミニ演奏会(うたとリコーダーの会)

3月23日(木)、「うたとリコーダーの会」のミニ演奏会。 遠方にお住まいだったり、親御さんのお仕事の時間の都合で月に1、2回の参加の子ども達もいるので、全員が揃うのは2ヶ月に1度あるかないか。 当日の今日も本番ぎりぎりの参加の子ども達も・・・ そのような中で、幼稚園年長から中学生までが、それぞれ自分のできる部分で力を出し合い、音楽を作り上げられるよう選曲しプログラムを組みました。 =…

続きを読む

うたと人形劇(うたとリコーダーの会)

毎年、年度最後にはミニ演奏会をしています。 今年度も、歌にあわせて人形が演じるプログラムを作りました。。 歌は小学生、人形は幼稚園年長組の子ども達。 歌は、今年も、この会で取り入れている「コダーイ・メソッド」の提唱者 コダーイ・ゾルターンの教育作品「小さい人間たちのうた」から、 「こひつじゆく」「おどるくつ」の2曲とロシア民謡の「半文もってでかけた」 の3曲。 小さなステージを…

続きを読む