2017年02月28日

今年度最後の”まほろば”

2月28日(火)今年度最後の「わらべうたの会”まほろば”」がありました。
今日は、遠く静岡からも。
保育士のお仕事をされていて、ずっと参加を希望されていましたが、
今回お仕事のお休みが取れ念願かなっての参加となりました。

”まほろば”は0歳~6歳(未就学児)が対象なので遊びも様々。
前半は、お母さんとたくさん触れ合う遊び。
P1020120.JPG
今日は、膝の上で舟こぎ遊びや、膝を上下に上げ下げする「たかいやまひくいやま」
横になって「のびのびのび」「いちりにりさんり」。

おなじみの手合わせジャンケン遊び「おてらのおしょうさん」。
P1020122.JPG
負けた人は「いっぽんばし こちょこちょ」でくすぐられます。
お母さんが負けたのでお母さんをくすぐっています
P1020125.JPG

少し身体も動かしたくなった頃、負ぶい遊び。
3歳以上の子ども達が多かったので、背と背を合わせてのおんぶと
P1020112.JPG
身体を横にしてのおんぶをしましました。
P1020115.JPG
それぞれ「せんじゅかんのん おがんでおくれ」「しをやかぎや しおいっしょう おくれ」
というわらべうたが付いています。
どちらも古くから遊ばれていて、江戸時代の絵にも描かれています。
今も昔も遊ぶ姿は同じです。

「せんじゅかんのん」は昔、山の頂上のお寺からご本尊を背負って降り、村の家々を回る
風習を真似てこのような遊びになったのでしょう。
横にして負ぶうのは、昔塩や鉤(いろりのなべなどを提げる金属の部分)を天秤棒の両脇に
ぶら下げて背負う商人の様を真似した遊びです。
横になった子どもの身体が天秤棒です。
わらべうた遊びには、日本の文化や歴史がそのまま入っていることを遊びを通して感じます。
負ぶう事も、子どもの身体には大切なこと。体幹がしっかりし、しがみつくことで腕や腹筋の
力が付きます。

その後は、鬼ごっこをしてみました。
まずは鬼決め。今東京や千葉で子ども達がやっている足を出して、触っていく
「おにきめ おにきめ おにじゃないよ」で決めました。
P1020128.JPG
この鬼決めは歌詞のとおり、最後に当たった子は「おにじゃないよ」だから、輪から
抜けていきます。
そして最後に残った人が鬼です。
今日は京都の遊び「こんこんさん あそびましょ」をしました。
P1020138.JPG
輪の中に入った鬼が、輪の子ども達と交互に台詞を言います。
鬼ごっこになっても、捕まえることができ、鬼ごっこを楽しむことができました。
P1020142.JPG

最後は子守唄。今日は静岡からの参加の方がいらっしゃいましたので静岡の子守唄を
歌いました。
P1020153.JPG
最後に季節や自然に唄いかける唄、年中行事の唄を小道具を使っての唄いきかせの時間です。
P1020165.JPG
今日は「初午」の唄。「桃の節句」のわらべうたを唄いました。
終わると、子どもたちがやってきて、覚えた唄の一部分を唄いながら、小道具を触ったり、
私の真似をして動かしたりします。
P1020181.JPG
その後は時間までランチタイム。みんなで食べるご飯は美味しいものです。
P1020186.JPG

みんな4月から小学生になったり、幼稚園入園、お母さんのお仕事復帰などのため
卒会します。
台東区での開催も今日で一旦終わり。
”まほろば”は17年続いてきました。
始めは新宿、池袋、そしてここ後楽園。その時々の会員さんの状況で拠点を
変えてきました。
来年度からはどこになるか・・・・
決まりましたら、ここでお知らせします。
また春休みには、卒会した小学生を中心に単発の小学生の遊びの会
「わらべうたであそぼう!」を開催予定です。
どなたでも参加できますので、どうぞご参加ください。
P1020182.JPG
P1020185.JPG
posted by Hiromi Gokon at 23:04| わらべうたの会”まほろば”の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする