最後の会(いなげわらべうたの会)

7月2回目。
暑い日でしたが、廊下から窓へ流れる冷気を上手に使ってエアコンは入れずに行ってみました。
できるだけ夏の暑さを感じ、体もそれに慣れるようにするための配慮。

今日は、郷右近転居のため9月から引き継いでくださる小泉芳子さんも一緒に参加。

いつものようにおもちゃで自由遊び。みんなで力を合わせて片付け。

今月も子どもを膝に乗せ後ろから指を取り両指先をつける遊び「ちっちっここにとまれ」、ふねこぎ「ふねのせんどうさん」「のびのびのび」「よっこよっこ」、藤田浩子さんの「ちっちゃいまめころころ」。くすぐり遊びは、夏にちなんで「にゅうめんそうめん」。

おぶり遊び2種。

大きい子むけの手合わせじゃんけん「おてらのおしょうさん」

子守唄は千葉県安房地方の唄「ほらほらほうらいまめ」。今回で最後。
歌い聞かせは広島の七夕のうた「いちねんいちどのたなばたさん」。
人形を使って波遊びの歌「おおなみこなみ」。
体を太陽に温めてもらうために太陽を呼ぶ唄「おてんとさん」

今回で郷右近は転居のため担当を終えます。
19年目となったこの会。たくさんのお母さん達が力を出し合って続けてきました。
これからも、親子で関わり合いながら深いつながりを築いていって欲しいと願っています。
いなげ最終回.JPG