最後の会(前原わらべうたの会・プレママ・0~4歳クラス)

郷右近転居のため、あさはや会館での前原わらべうたの会は7月20日が最終日になりました。
19年続いたこの会。
たくさんの親子がわらべうた遊びを通じて豊かな子育ての時間を過ごしていらっしゃいました。

初代の方はもちろん成人し社会人になっています。

今月の遊び。
膝に乗せ後ろから指を取り両指先をつける遊び「ちっちっここにとまれ」、ふねこぎ「ふねのせんどうさん」「のびのびのび」「よっこよっこ」、藤田浩子さんの「ちっちゃいまめころころ」。
くすぐり遊びは、夏にちなんで「にゅうめんそうめん」。

おぶり遊び2種。

子守唄は千葉県安房地方の唄「ほらほらほうらいまめ」。
今回で最後。
歌い聞かせは広島の七夕のうた「いちねんいちどのたなばたさん」。
人形を使って波遊びの歌「おおなみこなみ」。
体を太陽に温めてもらうために太陽を呼ぶ唄「おてんとさん」を歌いました。

5月から入会の人も、すっかり会に慣れ、歌に合わせて体を動かしたりするようになりました。

別れがおなごりおしかったのですが、郷右近は、来年1月まで(12月を除く)単発のわらべうたの講座の依頼を受けていましたので、月に1回船橋に滞在します。
ここの会に参加の方には、習志野市新習志野公民館で月1回おこなっている「ととけっこーの会」をご紹介しました。
詳しくは FBページ「ととけっこーの会」をご覧ください。

また、滞在期間、参加者の方の自宅をお貸しいただいて行う事も考えています。
決まりましたらここでご案内します。