リズムの名前・2声の導入(うたとリコーダーの会・グレード1)

7月。
2人とも今日が2回目。
それぞれ都合で別な日で行っていたので2人一緒なのは今日が初めて。
20分間

・リコーダーのメロディーはなんのうた?
・メロディーの始めの部分を歌と同じようにたたいてみよう
・長さが短い所があるメロディーもあるね
・長いのは大きい丸、短い所は小さい丸で書くとこうなるよ(前回既習)
NEC_0044.JPG
・丸では分かり難いから記号で 
・その記号には呼び方があるよ(ター ティティ スン)
・リズム棒で書いてみよう
NEC_0091.JPG
・そのわらべうたを交互唱しよう
・歌わない時は拍をたたこう

子どもたち同士とは凄い力があります。
メンバーの2人は、たたずまいが異なっているように感じます。
その違いをお互い補い合っているように感じました。

歌当てゲームで、わからなそうにしていたひとり。
それを見たもう1人が、声を出さずにうたうように口を動かして教えていました。
すると「あーわかった」というように首を縦に振って、という場面や、
リズム棒でリズムを現す時、ちょっと自信がなかったのでしょう。
横からもうひとりの様子を見て真似をして作っていました。

隣の人の真似をしてずるい、などということはありません。
その機転、分からないことを分かろうとする気持ち、それが大事ですし、それでお互いを補う、と言う事が大事だと思うのです。
私と1対1ではできないレッスンの内容でした。
グループレッスンはそこがよいのですね。

2人とも遠方からの参加などのために月1回の参加。
次回は9月になります。