県民の日で小学生のお兄さんお姉さんも一緒に(前原わらべうたの会・プレママ・0~4歳クラス)

6月の最後の会。

今日は千葉県民の日ということで、幼稚園や小学校はお休み。兄姉の小学一年生も一緒に参加。
NEC_0059.JPG
お兄さんは、歩き始めた頃から幼稚園年少で入園するまでこのクラスに通っていたので、覚えてる?とお母さんが訊いていましたが、小さかったからでしょう。覚えていないと。

おもちゃは小さい子用なので、物足りなかったことでしょう。
でも兄弟姉妹で遊んだり、小さい子のお世話をしたりして自由遊びの時間を過ごしていました。

今日の遊びは、舟こぎ遊び「ふねのせんどうさんのせとくれ」。
1人が船頭にもうひとりはお客さんでお膝に乗ったり、兄妹で手を繋いで漕いでみたり・・・
きっと家でもこうして遊ぶことでしょう。

小学1年生が2人でしたので、「やなぎのしたには」という手合わせじゃんけんと負けた人がされるくすぐり遊び「にゅうめんそうめん」をしました。
半袖ですので、「にゅうめんそうめんは」良い感じでくすぐったく、楽しんでいました。

子守唄は前回に続いて千葉県安房地方のもの。歌詞に「お留めが大きくなったら」というところがある。
ひらがな表記では「乙女」かと思っていましたが「お留め」でした。昔は子どもはこの子が最後にしよう、と思うと「お留め」とか「末子」とかいうような字を使って名前をつけました。
この歌の「お留めさん」もそうだったのでしょう。

たくさんお世話をしてくれてありがとう。