絵描き唄遊び(ととけっこーの会・3~6歳クラス)

P1020264.JPG
いなげわらべうたの会を卒会し、幼稚園に入園した4歳のお子さんが、初めての参加。
新しい場所、3歳までの子ども達の遊びとは異なるので、今日は遊びやすい絵描き唄遊びをしました。
私が子どものころ遊んでいた「たこにゅうどう」。全国的にも遊ばれているもの。

私の描くとおりに真似をして描くことができる。
でもやはり大人のものとは少し形が違うことにも気付く。
「かかない!」とかんしゃくを起したけれど、やっぱりなんだか描いてみたい。「おかあさんといっしょ!」とお母さんに手を持ってもらって描きたいと訴える。一度してもらうと納得したのか、その後はひとりで。10枚近く描き続けました。
こどもは繰り返しが大好き。一枚一枚違った体験をしている。

大人のものと比べることも無く、自分の描きたいように描くお子さんもいるかもしれない。それは一人ひとり持って生またもの。
「ひとりでかきなさい」と手助けせずほっておくこともできるでしょう。
どちらが正しい?
一人ひとり、その状況によるように思います。

車で40分。思ったほど時間がかからなかったとのこと。
続けて参加できそうのこと。

ととけっこーの会の乳幼児の部は、1回ごとの単発参加制。
お仕事をされている方も気楽に参加できます。
お休みの土曜ぐらいはゆっくりおうちで過ごしたい。
その一部の時間、目と目を見つめあい肌を触れ合わせて関わる時間にしていただければと思います。

次回は、5月20日。