自然と共にわらべうたを唄う 第4回 自生のホタルを見に行こう 29日開催

イメージです 7月29日(土)開催。午後夕方前から雨の予報。 予報どおり5時ごろから都心では強い雨が。 空に向って念をかける。 「午後7時には雨を降らせないでください」 今回は日暮里からご家族3人が車で参加。 今回で2回目。 以前の参加の時より多く見られた24日のホタルの姿を見せてあげたかったが・・・ しかし念が通じたのか、ぱらぱら降り始めた雨は強まらない。 …

続きを読む

自然と共にわらべうたを唄う 第4回 自生のホタルを見に行こう 7月24日開催

7月24日(月)開催。天気も良好。 7時に待ち合わせ。夏至から1ヶ月。少し暗くなるのが早くなり、7時には少し薄暗くなってきました。 今日は新月の曇り。 出発前にみんなで写真撮影。 自動車に分乗して田んぼへ。 田んぼに着いた時には、真っ暗。 毎年やってきて感じること。 県道から横道に入るとおしゃれな一戸建てが立ち並ぶ小さなニュータウン。 そこを抜けると一気に暗さ…

続きを読む

音楽療法で実践できるわらべうた遊び~コダーイ芸術教育研究所が創った遊びを中心に~

7月23日(日)終了しました。 保育士、幼稚園教諭、大学生、発達支援のお仕事の方、わらべうた遊び講師、お話会の方、17名の参加。 今回の講座は、発達支援の中でわらべうた遊びが有効と感じている方からの希望を受けての開催となりました。 伝承のわらべうた遊びでも、その役割を果たしますが、今回は、芸術を通して子ども達の豊かな成長を促すハンガリーの幼児教育法の「音楽」に関する考え方が…

続きを読む

十五夜の月が歌詞にあるわらべうたで(うたとリコーダーの会・乳幼児クラス)

まだ十五夜には早いけれど、月に関するキャラクターの違うわらべうた2曲を、遊んでみた。 1つは「じゅうごやのおつきさんな」。 元々は、人当て遊び。 これを、フェルトで作った月を手にもったひとりを真ん中にして皆が手を繋ぎ歌に合わせて歩きます。 月を静かに愛でるように。 「あずきさっさ」からは、お月様を持っている人がみんなの前を通りながら円の内側を歩きます。 歌が終わった所…

続きを読む

最後の会(前原わらべうたの会・小学生クラス)

今日も2階の部屋で。 参加者が年長の時に年少で参加していた人も、弟とお母さんと特別参加。 まずは2人組で「アルプスいちまんじゃく」。 これは世代を超えて歌い遊び続けられている。 節は、アメリカの歌だが、日本語の歌詞が付けられてうたわれた歌にあのような動きをつけたのは、どこかの子どもたち。 このようなものもわらべうた遊びに分類される。 このような遊びは、個人差が大きく、じょ…

続きを読む

最後の会(前原わらべうたの会・プレママ・0~4歳クラス)

郷右近転居のため、あさはや会館での前原わらべうたの会は7月20日が最終日になりました。 19年続いたこの会。 たくさんの親子がわらべうた遊びを通じて豊かな子育ての時間を過ごしていらっしゃいました。 初代の方はもちろん成人し社会人になっています。 今月の遊び。 膝に乗せ後ろから指を取り両指先をつける遊び「ちっちっここにとまれ」、ふねこぎ「ふねのせんどうさん」「のびのびのび」「…

続きを読む

最後の会(いなげわらべうたの会)

7月2回目。 暑い日でしたが、廊下から窓へ流れる冷気を上手に使ってエアコンは入れずに行ってみました。 できるだけ夏の暑さを感じ、体もそれに慣れるようにするための配慮。 今日は、郷右近転居のため9月から引き継いでくださる小泉芳子さんも一緒に参加。 いつものようにおもちゃで自由遊び。みんなで力を合わせて片付け。 今月も子どもを膝に乗せ後ろから指を取り両指先をつける遊び「ちっ…

続きを読む

久しぶりの会(ととけっこーの会・小学生クラス)

5月の運動会。6月の授業参観、と2ヶ月続けてお休みだったため久しぶりの開催。 前回始めて参加だった人が2回目の参加。 初めての遊びでも積極的にやってみようとする。 始めはお手玉。2個投げ。まだ上手くできない人のために、ゆっくり「じゃこかい」で遊ぶ。 「あー」というところで高く投げ上げるが、みんな楽しんで高く投げる。 次は竹返し。 前回すべての技をやったのだがなかな…

続きを読む

初めての大縄跳び(ととけっこーの会・1~6歳クラス)

日も2組の参加の予定でしたが、1組体調を崩してしまい、1組だけの参加に。 お気に入りの木の列車のおもちゃで今日も複雑なレールを形作る。 完成したレールの上を列車のおもちゃを走らせることを楽しんでいました。 15分遊んで片付けの時間と話すと、さっと箱の中に。 年中の歳なので少し難しい遊びもすることに。 まずは手遊び「こどもとこどもが」。 手を向かい合わせにして小指から指を一…

続きを読む

日本の夏至

6月11日は、「入梅」という暦でした。 字のごとく梅雨入りをする日です。 今年は8日が関東地方の入梅発表でしたので、ほぼ同じ時期だったと言えるでしょう。 (関東地方では)これから7月20日過ぎ頃まで雨の日が続きます。 この雨がなければ作物も育たないので、大事な雨です。雨を嫌わず楽しめたらいいのですが・・・ 6月21日は「夏至」です。 「夏至」は1年で最も昼の長さが長い日で…

続きを読む