初夏 (5月)

5月5日は「立夏」でした。 緑も濃くなり、夏日という気温の日もまだ数えるくらいですが聞かれるようになりました。 みなさんは「立春」「立夏」「立秋」「立冬」という季節の変わり目を含む、1年を24に分けた中国から伝わった「二十四節季」を、日本の季節に合っていると感じますか。 それともやはり地理的に違うところの暦だからずれている、と感じられますか。 私は東北育ちですので、「立春」にはま…

続きを読む

体験の方が(5月)(ととけっこーの会・2~6歳クラス)

隣りの隣りの地域、谷津にある谷津コミュニティーセンターにポスターを張らせていただいていたのですが、それを見て参加された親子。 お母さんがお仕事されていて、隣の秋津保育園にお子さんを預けていらっしゃるとのこと。秋津保育園では、昨年一昨年と2年にわたって、保育の時間に訪問してのわらべうたの実践をさせていただいている園で、ここの案内も張ってくださっていて、両方の案内を見ての参加。 お仕事を…

続きを読む

菖蒲とよもぎを手に鬼ごっこ(前原わらべうたの会・小学生クラス)

今月は連休があり、今回の1回のみに。 今月より入会の子どもがひとりと体験の姉妹一組の参加で、人数も集まり向かい合っての手合わせジャンケンもみんなですることができました。 そしてみんなの好きな大縄跳び。今回も「お誕生日」「ゆうびんやさんのおとしもの」「おおなみこなみで」。妹さんは年中さんなので「へびはにょろにょろ」。「お誕生日」では200歳や100歳を越えていました。汗をかきながら何度…

続きを読む

すずめのてっぽうを吹く・端午の節句ヨモギと菖蒲(いなげわらべうたの会)

5月2回目。 自由遊びから始まり、いつもの手遊び「おやゆびねむれ」。 ふねこぎ遊びは「ふねのせんどさん」。これは始めは普通にこいでいるが、「きょうあはらなみ」から膝で弾ませ、最後の「どん」で大人が脚を開き、子どもを床におとすという落ちがある。歩けない子どもにはまだ早いが、歩けるようになったらこのようなダイナミックな遊びも子ども達は大好きだ。 今月の真似の顔遊びは、「おとげしゃく…

続きを読む

布を使ってしぐさ遊び(うたとリコーダーの会・乳幼児クラス)

4,5月は、ハンカチを使ってのしぐさ遊びで遊びました。 ハンカチを、洋服の端から中に入れてちょっとだけ出し、「カクカクカクレンボ」(伝承はかくれんぼの鬼決め歌)の唱えの拍に合わせて少しずつ引っ張り出していきます。 「スッペラポーン」でハンカチを引き抜きます。 手の中にハンカチを丸めて「にぎりぱっちり」(伝承は足ジャンケン)と手を上下に動かしながら歌い、最後に「ピヨピヨ」…

続きを読む

「まてまてまて」(前原わらべうたの会・プレママ・0~4歳クラス)

5月初回の会。 隣の公園で会の案内をお渡しした方が、体験に。 子ども達は初めての出会いでも、お互い関わろうという気持ちがあり、自由遊びでも肩を寄せ合って一緒に遊んでいました。 今日は、ひざのせ遊び「ふねのせんどうさん」。 「あらなみ」という歌詞なので、少し膝を上下に動かし弾ませ、最後の「とん」で脚を開いて膝から床に落とします。 おんぶでいつもの「えっさっさ」「おうまさんのおけい…

続きを読む